保湿ケアが行き届いた肌って、ハリやうるおいがあってぷりぷりですよね…!反対に、乾燥した肌は、いろんな肌トラブルを起こし、イヤですね…!だから、私も保湿ケアをしたいのですが、どんな化粧水を選べばいいですか?

このような肌の保湿ケアでお悩みの方が増えています…そこで、そのような悩みにお応えするために…保湿ケアの効果を実感でき、しかも、安心・安全に使えるおすすめの化粧水を調べてみました!

赤ちゃんの肌って、ふっくらとしてプリプリと弾力があり、思わず触って頬ずりしてみたくなりますね。

その肌が、やがて成長し、年齢がすすんでいくに連れて、ほとんどの人は、ハリや弾力、つやを失い、カサカサとした肌になってゆきます。

では、何故そうなるのでしょうか?

理由は簡単です。肌に水分が少なくなっていくからです。

では、何故水分がなくなっていくのでしょうか?

肌の水分を保持するのは、皮脂膜・NMF(天然保湿因子)・細胞間脂質(セラミドなど)の3大要素と言われるものです…

もともと、人間の肌の角質層といわれるものには、水分を保ったり、アレルゲンや紫外線から肌を守る機能が備わっています。

人間の肌は、一番表面に皮脂膜というものがあり、これが角質が剥がれるのを防いだり、肌の水分が蒸発するのを防いだり、肌の滑らかさを保ったりします。

つぎに、アミノ酸などで構成されたNMF(天然保湿因子)というものが、水分を吸着して角質層に保持し、肌の柔軟性と弾力性を保ちます。

そして、セラミドなどでできた細胞間脂質というものが、角質細胞同士の隙間を埋めて、外部からの刺激の侵入や、体内の水分の過剰な蒸発を防ぎます。

細胞間脂質は、肌の保湿要素の約80%を占め、肌の水分を保持するうえで最も重要な要素となります。

このような、人間が本来持っている肌の保湿機能が、いつも正常に働いて、肌のターンオーバー(新陳代謝)も正常に行われていれば、何も肌の乾燥に悩み、肌のトラブルの悩むこともないのです。 しかし、保湿に大事なセラミドは加齢とともに減少していき、ターンオーバーも、間違ったスキンケア、食生活の偏り、生活習慣の変化、など…で乱れが生じ、保湿の機能が低下し、肌のトラブルに見舞われるということになります。

加齢などによって乾燥した肌には、水分と保湿ケアが必要!

年齢的にも若い時というのは、肌もみずみずしくて、ハリがあって美しいものです。

しかし年齢を重ねていくうちに、肌は乾燥しやすくなっていきます。

肌には水分量がどんどん減ってきて、シミやシワが出てきやすい状態になります。

加齢というのは、肌の水分量を低下させますから、その水分は化粧水などで、保湿力を上げていおく必要があるのです。

コラーゲンの働きも今までとは違い、肌には弾力もなくなってきます。

外部からの刺激も受けやすくなりますから、化粧水での保湿は大事です。

保湿力の高い配合成分を選び、毎日の肌のお手入れに取り入れていくことが大事です。

乾燥で衰えがちな肌には、水分と保湿ケアが必要です。

浸透しやすい素肌にしていくことも、同時に必要です。

化粧水の役割は、水溶性の美容成分を届けること…

そこで、適切な保湿のケアが大事になるのですが、、最も一般的に行われているのが化粧水による保湿ケアです。

化粧水・美容液・乳液・クリームなどの化粧品のなかで、最も水分が多い化粧水は、水分を肌にとどけて保湿すると思われがちですが、そうではないのです。

水溶性の保湿成分を角質層に届ける…これが保湿のための化粧水の役割なのです。

では、「水溶性の保湿成分」とはどんなものなのでしょうか?

それは、肌の水分を保持する3大要素を補充する…つまり、肌本来の水分保持力が低下している間に乾燥から肌を守る水溶性成分…ということになります。

主なものは…

ヒアルロン酸・コラーゲン/エラスチン・グリセリン・プロピレングリコール(PG)・ブチレングリコール(BG)・NMF(天然保湿因子)に含まれる成分

保湿力が高い化粧水の成分は、なんといってもセラミド…!

保湿力が高い化粧水の成分には、様々なタイプがあります。

保湿力の高さで言ったら、美肌の決め手にもなるが、セラミドの存在です。

皮膚にとって必要な水分や油分を、まるでスポンジのように溜め込むことのできる保湿効果を持っています。

潤いをしっかりと閉じ込めるため、バリア機能も向上させることにもつながります。

セラミドのおすすめの使用方法

保湿力の高いセラミドのおすすめの使用方法は、化粧水に配合されているタイプを選び、毎日のケアに加えることです。

細胞間脂質のほとんどは、このセラミドにより構成されています。

セラミドをたっぷりとふくむことで、油分と水分のバランスは、良いものになっていきます。

セラミド配合の化粧水は、お手入れに加えることにより、潤いを逃さないで、外からの刺激をからも守る、バリア機能も強くしてくれます。

もともと人間の体にある成分ですから、肌に使用しても、とても優しいものです。

乾燥肌や敏感肌などは、バリア機能が弱いので、肌トラブルを起こしがちです。

そんな敏感な肌質であっても、セラミドはとても優しく使うことができます。

保湿力の高い化粧水を選ぶポイントとして、やはりセラミドは外せないです。

この他にも、コラーゲンやヒアルロン酸など、保湿力の高いものもよいでしょう。

どのくらい配合されているのかは、その製品によって異なります。

表示をよく確認して、最初に記載されているほうが量が多いという点を押さえて、チェックをしてみましょう。

仕上げには必ず油分で蓋を…!

保湿力の高い化粧水を使ったら、必ず仕上げには油分で蓋をすることも忘れてはいけません。

美容クリームや、美容オイルといったアイテムで、水分の蒸発を守ることです。

保湿力が高いものとして、シアバターなどを使っても良いでしょう。

ランキングで比較・検討してあなたに合った化粧水を選びましょう!

保湿ケアのための化粧水は、おおまかに以上のような観点で選べばよいのですが、いざ、自分が使う保湿化粧水を具体的に選ぶとなると、これはなかなか大変な作業となります。

そこで、そのような方のために、当サイトでは、独自に調査し、貴女に合った化粧水をランキングで紹介します。

すでに使ている方からのクチコミ、レビューや、モニターさんの回答、売れ筋情報やリピート率の動向、などの結果からランキングしてみました。

ランキング

保湿化粧水  おすすめ  人気ランキング・リスト





保湿化粧水オススメ@人気ランキング…について…

掲載してご紹介していますオススメの人気化粧品のランキングは、当サイトが独自で調査した結果によるランク付けですので、その点、ご了承いただきますようお願い致します。


食生活や生活環境の変化にともない、近年は、冬の乾燥期だけでなく、一年中、肌の乾燥に悩む方が増えています。

ハリとツヤ・弾力がある肌を保つには、適切な保湿ケアがますます大事になってきています。

今の自分の肌に合った、安全で保湿に効果がある化粧水をえらび、こまめにケアを続けていくことが、これからの貴方の肌年齢を決めてい行きます。

自分の肌に合った化粧水を選ぶのは、なかなか簡単なことではありませんが、商品の中には、そのためのトライアル商品が用意されているケースが数多くあります。

そのようなサービスを利用するのも、一つの方法といえますので、大いに活用しされますようおすすめ致します。

このサイトが、貴方の保湿ケアの一助となれれば幸いです。


ランキング



【関連サイト】

保湿化粧品をお探しの方は⇒http://www.freemoodletemplates.net/

顔の保湿クリームをお探しの方は⇒http://www.cedricvasseur.com/

■ サイト・コンテンツ ■

ページの先頭へ